矯正中は水がしみる~!知覚過敏になりやすい?

矯正中は水がしみる~!知覚過敏になりやすい?

矯正器具をつけてから約1か月。なんだか最近歯がしみるようになってきました。涙

もともと、アイスは前歯で噛めない知覚過敏だったのだけど最近は水でブクブクうがいをするのも辛い!
特に、下の歯・・(T_T)

この下の歯は前回1回目の調整のときに少し削っているんですよね。(削るときも激痛!)
院長先生に相談すると、「歯が動いて隙間ができてくるからしみやすくなるんだよね~」とのことで、2回目の調整のときは歯を削るのをお休みしてもらいました。

では、なぜ矯正中は知覚過敏になりやすいのか。少し調べてみました!



歯列矯正中に知覚過敏になりやすい理由。

どうやら、矯正中に知覚過敏になる人は多いみたいですね!

歯列矯正を行なっている人で知覚過敏になる人はかなり多く、3割程度とも言われています。たいていは一時的なものですぐに改善されますので、それほど心配する必要はありません。

知覚過敏読本より

矯正中は歯に特殊な器具を装着するため、虫歯や歯周病になりやすくなります。そのためていねいにブラッシングをすることが大切ですが、その意識が強すぎるために、激しく歯ブラシをこすりつけてしまう方もいます。それが原因で歯が削れてしまい、象牙質が露出して知覚過敏になるケースがあります。

咬み合わせが悪い人は歯の根元が外にさらされている人も多く、矯正で歯を移動させると歯周病と似た状態となるため、どうしても敏感になりやすくなります。それまで、歯ぐきに隠れていた部分が外に露出するために、しみる、痛むということが起こります。矯正によって知覚過敏が生じるのは仕方のないこととも言えます。

知覚過敏読本より

なるほど、、、確かにこれまで隠れていた歯が矯正によって少しづつ出現してきています。そこが痛むんですね。
幸い、しみるのは水だけなので、飲み物は常温、うがいはお湯でもう少しの間しのぎたいと思います。

でも2週、歯を削らず安静にしていたおかげかだいぶマシになってきたような気もしています!

それと、知覚過敏も体調の良し悪しに関係あるみたいですね。風邪をひいたなど、体調の変化によって知覚過敏の症状が出る場合があるんですって。痛いところ一部だけを見がちだけど、やっぱり全身は繋がっているんだなぁ。

知覚過敏の対処法!

●ものすご~く痛い時、痛みが治まらないときは歯医者さんへ!矯正前に普通の歯医者さんで薬の塗布とコーティングをしてもらいましたが効きました!

●『知覚過敏用歯磨き粉』を使う
これもなかなか良かったですよ。薬用成分が象牙質をカバーし、使い続ければ「歯がしみる」症状を緩和してくれます。

●やさしくブラッシングする
今まで歯ブラシは「かため」が好きでしたが最近は柔らかい毛質のものでやさしく丁寧に磨いています。

いずれも対症療法ですが・・・

もう矯正中の知覚過敏はしょうがないことと割り切って、ぬるま湯生活をしていきたいと思います!