超イイ!矯正中の歯磨きに「パロ 歯間ポケットブラシ」

超イイ!矯正中の歯磨きに「パロ 歯間ポケットブラシ」

インプラントアンカーを装着したときに、磨きづらくなるからと歯科医院から頂いた「パロ 歯間ポケットブラシ」

これが「痒いところに手が届く」感じで素晴らしかったのでレビューします!!



パロ 歯間ポケットブラシとは


スイスパロ社製、歯ぐきマッサージ用の歯間ポケット(サルカス)ブラシ。ブラシの先端が丸く処理加工してあり、歯ブラシでは届かない歯間ポケットや歯ぐきマッサージに好適。特に歯冠やインプラント、ブリッジまわりのクリーニングに。

【使用方法】外向きは歯ブラシを使って外側の歯ぐきラインに沿って回転させながらブラッシング、反対側の内向きブラシを使って内側の歯ぐきラインのブラッシングをしてください。
Amazon価格 ¥821

この「パロ 歯間ポケットブラシ」、柄の両端に角度の違うブラシがついていて、前歯、奥歯、裏表と使い分けて磨くことができるのです!

この角度が絶妙で、初めて使ったときはその使いやすさ、奥歯の裏にきちんと届くことに感動しました。さらにグリップには凹みが施されており、ブラシを鉛筆もちした時にちょうど持ちやすいようになっています。
こんな良いものがあったなんて・・・

これでばっちり歯と歯の間の歯垢、ワイヤーと歯の隙間の汚れも落とせるわ!

余談ですが、なななんと、歯についた歯垢は、たった2日間で歯石になるそう。歯と歯ぐきの境い目や歯と歯の間にできた、硬い歯石は、歯磨きだけでは取り除くことができません。
歯垢が歯石になる前に!毎日のケアを大切にしようと心に決めました。

パロ 歯間ポケットブラシ。歯ブラシスタンドに置けない・・・

パロ 歯間ポケットブラシのデメリット。しいて言うなら、置き場に困るってことかしら。
柄の両端にブラシがついているから、普通の歯ブラシスタンドには入れたくない。

ということで、大好き100均!ダイソーで鏡面につけるタイプの歯ブラシスタンドを買ってきて試してみました!

うん。これなら一方がブラシスタンドの底につくこともないし衛生的で◎!

パロ 歯間ポケットブラシ。ブラシ交換の仕方

ふふふ、パロ歯間ポケットブラシったら、なんとブラシがリフィル式になっていて傷んだら交換できる優れもの!素晴らしきスイス産。

でも、最初説明書の絵を見ながら簡単に交換できますが、誰かのお役にたてるようここに交換の仕方を記します★

交換用ブラシ。

 

まずはもともとのブラシを取り外すところから。

【1】つまみ部分を45度程度回転させ、本体の穴に重なるようにします。

 

【2】ぴったり重なったらあとは、つまみ側から(ブラシの反対側)押してやると簡単に外れます!
新しいブラシを取り付けるときは、上記と反対の動作でOK。

まぁ簡単!

使い捨てではなくて、サステナブル(持続可能)なアイディア。素晴らしいですね^^

気になった方はどうぞお試しあれ~!