お正月。歯列矯正中だけどお餅を食べてみた!

お正月。歯列矯正中だけどお餅を食べてみた!

新年明けましておめでとうございます。本年も皆さまにとって幸多き一年になりますように!
今年の年末年始は、家族そろっておうちでのんびり!だらだらNetflixを見て幸せなひとときを過ごさせていただきました♪

先日6歳になった息子が「ドラゴンボール」にドはまりしていて、私が小学校のときにTVで放送していた悟空が子供の時の物語から観てるんだけど、懐かしくて、可愛くて、面白くて。

親子代々楽しめるなんて、 鳥山明先生、本当にすごいお方だわ。

ところで、お正月といえば「お餅!」
子どもの頃からお正月に食べるお餅が大好きで(特にお雑煮)毎年楽しみにしているんだけど・・・
今年は歯列矯正しているし、歯科医院さんからも「ガムや団子やお餅等粘りけがあるものや、せんべいなど硬いものは気を付けて」と言われていたため、お餅にするかどうか悩みました。夫と息子はたいしてお餅が好きじゃないし。

しかしやっぱりお正月といったらお餅が食べたい!!というわけで、恐る恐る食べてみましたよ。



矯正中にお餅を食べてみた結果

今年の我が家のお餅は、お雑煮、きな粉餅、ずんだ餅。

少し固めのきな粉餅とずんだ餅はなるべく歯を使わないように(?)小さく小さく切って口に入れてみる。

もちろん歯にくっつく感じはあるけど、装置がとれちゃうほどの粘着はなさそう!
(この感じ、青ゴム装着中はお餅を食べるのは厳しいかもしれない・・・)

柔らかめに似たお雑煮のお餅も、少しづつ舌の上で溶かす感じで問題なく食べられました。
ほんの少しコツ(後述)はいるけど、矯正中でも装置に絡まることなく無事お餅が食べられました!!

やっぱりお餅を食べてこそ、お正月って感じよね。

ついでに、いつもより神経を使ってゆっくり食べたから少量で満腹になり、お正月太りも防げて◎。

お餅を食べるこつ

矯正中にお餅を食べるコツ

元日にお餅を食べて以来、残っているお餅をちょいちょい食べていますがコツがつかめてきた!!
今まで我慢してたお団子とかも今年は食べちゃうかもしれない笑

●上下の奥歯ががっちり噛みあうほど、強く噛まない
●歯の表面上でやさしく噛むようにし、歯のお餅に当たる表面積を減らす
●少しづつお口に入れて、装置に絡まっていないか気にしながら食べる

以上を気を付けながら食べたら、歯列矯正中の大好きなお餅も我慢しなくてOKでした!

う~ん、でも神経使うから次食べるのはまた来年でいいかな笑
↑慎重に食べ過ぎて時間かかってお餅が硬くなったしね・・・

※あくまで個人の経験による感想です。お餅を食べるときは自己責任で気をつけて食べてくださいね