矯正2か月目。ねじれた八重歯を元の位置へ【4回目の調整日】

矯正2か月目。ねじれた八重歯を元の位置へ【4回目の調整日】

2週に1度、月に2回の調整日がやってきました。

調整って何するの?って記事はこちら↓

さて、歯は動いているのでしょうか?!?!ドキドキの診断です。



1か月で八重歯がだいぶ下がってきていた!

今回の調整では上の八重歯を中心に調整してもらいました!
いつものように、まずは院長先生による、じ~~~っと目視の診察から。

「動いてきたね」3回目の調整にして初めての嬉しいお言葉^^
鏡で見ながら、動いたかな動いたかなって毎日思っていたけどやはりプロのお医者さんに認めてもらえると嬉しいですね。

写真で見比べてみると、矯正装置をつけて1か月目、2週間後くらいからもう八重歯が下がってきているのが分かります。

 

さらに1か月後の写真では、八重歯がより下りてきて奥歯側に引っ張られ側切歯との間に隙間が出来ています。
そして、インプラントアンカーによって表側から引っ張られているため八重歯が若干外向きに。

今回の調整では、この捻じれを修正していくようです。

 

八重歯の捻じれを治す方法


八重歯裏側になにやら金具がつきました。ここにスプリングをひっかけてインプラントアンカーを土台に引っ張るらしい。


外向きになりかけている右の八重歯は表側から引っ張るのをお休みして今度は裏側から引っ張ります。

 

まだ動きのすくない左側八重歯は、裏表両方から!
 
さぁ、次回調整日までどんな動きをみせてくれるんでしょ(^^)/
 
前より八重歯が見えるようになってきて見た目は気になるけど(矯正前は八重歯が上から生えすぎていて、口を開いても見えなかったw)、でも確実に動いているのが嬉しい!!

2ヶ月でどれだけ変化があったかはこちら↓