リンガルアーチを装着してビックリしたこと!

リンガルアーチを装着してビックリしたこと!

リンガルアーチを上顎に装着して、先生や歯科衛生士さんにご挨拶しようと思ったとき・・・
びっくりしました!

舌が装置に当たってうまく使えない!普通に話せない!!

そういえば、先生言ってたかも。「少し話しづらいけど慣れるから」って。
しかしここまでとは。これまた想定外だった~・・・



リンガルアーチは喋りにくい!

人間の身体ってすごいですよね。舌が少し異物に当たるだけで今まで通り発音できなくなるなんて。
今まで、滑舌はとくに気にしたことがなかったのですが、リンガルアーチを装着してから息子や夫、保育園の先生、友達から「え??」と聞き返されることや、全然違う風に聞き取られるということが頻発(悲)

出来る限りハッキリ話しているつもりなのですが、やっぱり聞き取れないみたいで・・・
もう人に会って話すのが億劫になりましたよ。

しかも仕事も在宅ワークなので、家で一人でいることが多く会話もしないから慣れるまで時間がかかったんでしょうね。

私は特に、「サ行」「ラ行」が言えませんでした。
あと連続する音とかは、辛かった。

「人によっては1週間で慣れる」なんて聞きますが、私は装着から約2か月経ち、やっと以前に近い感じで喋れるようになってきました。最近は聞き返されることもなくなり少しづつ話すことへの自信を取り戻してきているところです。笑

滑舌をよくする方法

今まで生きてきてあまり滑舌を意識したことがなかったけど、これを機に意識して滑舌良くハキハキ話せるようになりたいな~。滑舌が良いと、明るくて社交的なイメージを与えますよね!
モゴモゴ喋りを卒業したい!!

そこで、滑舌をよくするトレーニングで続けられそうなものをピックアップしました。

日本テレビ世界一受けたい授業、柿木保明先生の滑舌が良くなる方法

下顎の尖ったところから少し下側の裏側を親指で押す。尖ったところの裏側に横にぴーんと張っている筋肉があるので、その細い筋肉をおす。

舌の根本にある顎舌骨筋という筋肉は非常に硬い筋肉なので無理のない程度でできるだけ強く押す。

毎日行う事で、徐々に舌の筋肉が鍛えられ滑らかになる、また特に大切なスピーチのや会議などの直前に強く押すのもおすすめとのこと。

声優志望者も実践している『「び」のつく美少年』の早口言葉

ビュッフェで 美人に ビールをつぐ 美少年
ビルの屋上で ビスケットをかじる 美少年
ビキニ姿で ビーチを走る 美少年
便せんを びりびりにやぶく 美少年
ビーズ細工のビワを ビンに詰める 美少年
貧乏でも ビーバーを飼っている 美少年
びくびくしながら 美術品を扱う 美少年
ビヤガーデンの ビラを配る 美少年

※最初はゆっくり正確に読めるように、慣れてきたらスピードをあげるようにします。

劇団四季が取り入れている「母音法」

日本語は母音と子音の組み合わせですので母音をしっかりと発音することで滑舌の悪さは解消されていきます。母音の音が曖昧になってしまうと、子音も引きずられてしまい、全ての言葉が聞きづらくなってしまうんだとか!

1. 母音だけで話す
例:「よろしくお願いします」→「おおいうおえあいいあう」

2. もとの言葉になおす

3. 1と2をくりかえす

どうでしょう?続けられそうなものはありましたでしょうか?
継続は力なり。

リンガルアーチに負けず、目指せ良い滑舌!!!