【大人矯正】ゴムかけ実録!前歯のズレを治す

【大人矯正】ゴムかけ実録!前歯のズレを治す

歯列矯正中の皆さん、矯正気になるけどどうしようか・・・とお悩み中の皆さんこんにちは!
大人の歯列矯正を始めてから9ヶ月の38歳の私です。

今回から、ずっと気になっていた上下前歯が正中線・鼻の真ん中からずれている問題に着手しました。

歯列矯正を始めるまで、自分の上下の歯の真ん中がずれているなんて思いもしなかったのですが、撮った写真を見て「あれ?顔歪んでる?」って思うことは 確かにあったなぁと。
あれは、歯と顎のズレだったんだな。

前歯の中心がずれいてる

私の場合、 右にずれてる顎と左にずれてる前歯のズレを矯正する必要があり、 上あごの装置と下あごの装置にまたがって治療用のゴムをかける治療 、いわゆる「ゴムかけ」治療がスタートしました。

交叉咬合(こうさこうごう)についてはこちらも参考に↓

ゴムかけ治療、なんのため?

ゴムかけ治療は、噛み合わせを正確にするためのものなんですね。
私の噛み合わせは「正確には合っておらず、ずれたところで噛みあっている」とのことで、噛み合わせも治していくことも目標でした。

歯並びがある程度整ってきたこの段階で噛み合わせの治療もスタートってわけです!

私の場合、前歯と正中線とのずれは、ゴムかけとは別に右の上前歯だけを奥歯側に引っ張ってずらしていく治療もするのでゴムかけは主に顎を正常の位置に戻すためのものなのかな??

ゴムかけ・治療方法

目安として1日15-16時間以上、基本的に食事と歯磨きの時間以外は着用してねとのこと。使用するゴムは使い捨てで、最初はフックにかけるのに苦労しましたが慣れれば簡単にかけられるように。

私は基本的に在宅ワークであまり人に会うこともなかったから苦じゃなかったけど、これ営業職の人やサービス業の人など人とお話しする機会が多い人は見た目気にしちゃうかもしれないなぁ。
その場合なにか代替治療案があるかもしれないので、先生に相談してみても良いですね。

ゴムかけ期間

最初の1ヶ月くらいは昼間も、食事・歯磨き時以外つけて(結構さぼってしまっていたが・・)、経過を見てもらい、その後は寝る時だけと徐々にゴム装着時間を減らしていきました。

私のゴムかけ期間は2ヶ月くらいで終了しました!

症例や、装着時間によりきりですが、ゴムかけ期間は数ヶ月という場合が多いみたいですね。

ゴムかけを終えて

いや~、面倒でしたよ!ゴムかけ!!
まず、間食ができない。ちょっとお口が寂しいなぁっていうときにおやつを食べるためにいちいちゴムを外したり付けたり・・・。小さいことなんだけど大変よね。

無駄な間食をしなくて済むのは良いことだけれども。
(歯列矯正中って、食べること自体大変だし、自然に矯正ダイエットってあり得るかもしれないなぁ。)

左側にずれていた顎はだいぶ真ん中に寄ってきて、下前歯も正中線に近づいてきました!