青ゴムの次は、、矯正バンド装着!

青ゴムの次は、、矯正バンド装着!

辛かったセパレーション(青ゴム)期間(下顎は1週間、上顎は2週間でした)を終え、いよいよ矯正バンドの装着へ。

矯正バンドとは、矯正中一番大きな力がかかる奥歯に簡単に外れてしまわないよう装着する金属の輪っかのこと。


バンド装着の痛みや違和感は?

青ゴムを外し出来た隙間に、「バンドをはめてカチカチ噛んで」を何度か繰り返しピッタリ合うサイズのバンドを探してセットしていきます。

サイズの合うバンドを装着したら違和感がなるべく無いように調整してもらい下の歯のバンド装着は完了!

違和感はそりゃ、あるけれども。
セパレーションの青ゴムの違和感・痛みに比べたらもう全然らくちんです!
青ゴムが外れた嬉しさだけで乗り切れるレベル。

痛みに関しては、私はほぼありませんでした。

あ、バンド装着による歯の痛みはなかったのですが、バンドが当たって唇の内側が傷ついたり、装置に慣れず噛んでしまって痛めたりということはありました。でもそれも最初の数日だけであとはそんなに辛いと思うことはありませんでした!

辛いのはやはり「食べるとき」

「食べるのが辛い」のは青ゴムの時から変わりません・・!!
痛みはないものの、ずっと何かが引っかかってる感、詰まっている感はどうしてもあります。

特にバンドの外側にある凹凸にはものが詰まって詰まって大変。
舌で無理やり取ろうと頑張ってみるものの、金属のバンドに舌がガリっといってしまいそうで強くはできず・・

食後は絶対にまず、うがいをしないと気が済みません。
+普通歯ブラシでのブラッシングとワンタクトブラシでの細かい部分のお掃除が食後の日課となりました。

矯正って、大変なんだなぁ・・・
まだ装置もつけていないけど。