いくつになっても遅くない!増える大人の歯列矯正

いくつになっても遅くない!増える大人の歯列矯正

「人間は、なにかを意識すると、それに関連する情報を自動的に集めるようになる」

これを「カラーバス効果」というらしい。

歯並びが気になっていたり、歯列矯正を始めたりすると、「歯」に関するニュースが沢山目に入るようになってきますよね!
中でも、度々目にするのが「大人の歯列矯正が増えている」という記事。

確かに現在歯列矯正で通院していても、20代くらいの若い人はもちろん、私と同世代くらい(30~40代)の女性、サラリーマン風の男性など大人を多く見かけます。(時間帯が午前中だからというのもあるのでしょうけど^^;)中には、おじいちゃん、おばあちゃんも!
大人の歯列矯正、ほんとに増えているんだなぁ・・

「人生100年時代」
残りの人生半分以上を美しく、機能的な歯で過ごせるのなら、30代、40代、50代以降だって歯列矯正を始めるのに全然遅くはないですよね。

 



大人の歯列矯正のメリット

歯並びとかみ合わせを整える歯列矯正は、口元や顔立ちをスッキリさせるだけでなく、食べる、話すといった口の機能と歯の保存性も高める。近年は大人の矯正に対する関心の高まりとともに、矯正装置の選択肢が増加。目立たず痛みの少ない治療が可能になってきた。

日経ヘルス

そうなの!見た目のキレイさはもちろんだけど、これからの長い人生を健康に過ごすために「お口の健康」ってものすんごく大事なの。

私も矯正を始めるときに、「え~もう結婚もしてるし、こどももいるし誰に見せるってわけじゃないのに、今更??!!」って言われたけど(笑)そういうことじゃないのよね。
「いくつになってもキレイでいたい」ってのは、もちろんあるけどそれ以上に、この年(37歳)からでも矯正することのメリットはたくさんある!

私が思う歯列矯正のメリットを挙げてみると・・・

●歯並びがそろって凸凹がなくなることで磨き残しのリスクを軽減できる
●歯垢が溜まりにくくなることで、虫歯や歯周病にかかりにくくなる
●狭心症・心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病など歯周病が全身に及ぼす影響のリスクを軽減できる
よく噛めるようになる
発音しやすくなる
●歯並びを整えるとかむ際にかかる力を分散できるので、歯とそれを支える骨が傷みにくくなり歯の保存性が上がる

ご老人の歯

おおぉ。
なんだか、逆にガタガタの歯並びのままこれからの50年以上を生活していくほうが恐ろしくなってきたよ・・・

 

歯並びの仕事の信頼度にも影響を及ぼす時代

日経ヘルスさんの記事によると、イギリスの研究では自分に自信が持てるようになる効果もあったそうな(下グラフ)。

自己評価が向上する
※画像はお借りしました

歯の表側に装置をつけて矯正する男女61人(平均41歳)の治療前、治療中、治療終了後の自己効力感スコアを調査。集団の真ん中の値に相当する「中央値」を比較した結果、治療後は治療前よりも高くなった

まぁ、そりゃそうだよね!コンプレックスがなくなったら自信もでてくるわね。

それにしても日本は「歯の見た目」に関して、世界的にかなり遅れていると感じます。
歯科先進国、欧米ではビジネスマンも歯の見た目で判断されるらしい。

ビジネスマン

海外ドラマみてても、歯並びがガタガタの人はまず出てこないしねぇ。

歯の見た目が及ぼす、清潔感、好感度。そしてお口の健康からつながる全身の健康、自己管理能力、意識の高さがトータルで見られ「信頼度」として判断されるんだろうな。

日本も「歯列矯正は子供がするのもの」っていう時代から変わっていきそうですね!